東電、袖ケ浦のLNG火力発電所の新設、海に近い所に発電所を造れば費用は極端に安く済む、何故、山中の電源開発をやらないのか。

 国会議員、役人が日本人ではないのだから汗水たらして仕事をする事は無いのである、災害の多い国だからやるべき事は国土の開発とエネルギーの創出ではないのか、だが、そのままの放置で半世紀が過ぎた、だから至る所で災害が発生している。ここは危ないという個所を全く改修もせず、放置しているんだから豪雨でもあれば物凄い被害になる、それでも仕方がいと嘆くだけか。

 それこそ半世紀が過ぎても相変わらず電源公団は湯水の如く税金をかき集めている、これも誰も異議を唱えない、議員も役人も腐ってしまっているんだよ、それにゴミも完全に同調している、国民が困るのはどうって事は無いのだ、下級国民は殆ど日本人、上級国民は殆ど朝鮮人、国会議員に役人、それにゴミと来れば朝鮮人がスクラムを組んで日本人の入る余地は全く無いようにしている、それで気が付いている日本人は何も言わない、これを指摘すればヘイトだ、差別だ、排外主義だと罵っている。ペテン宗教と丸狂が何故、同じように日本第一党の街宣に妨害に来るのか、中核派も居る、シバキ隊も居る、横浜のゴミのルンペンも居る、この国は一体どうなっているんだ、日本を潰す気ではないか、荊棺はどうにかトラブルを防ぐ格好はして居るが本当はどうなんか、判らんね。

 LNGの発電所、悪い事ではないが賢明な方法ではない、何故、電源開発が出来ないのか、ダムを造って下流まで再開発をやれば一石2鳥にも3鳥にも為るではないか、何故、遣らないのか、日本を本気で立て直す気は無いのだからやる事は無い、判り切った事である。

 税金を湯水の如く使っているのは国会議員であり、役人である、国の建設には全く気が回らない、手が回らないそうだろう国会議員と官僚は朝鮮人である、国籍を取っているんだから文句はないではないか、確かにそうだが中身が日本人ではないと日本の事を本気でどうこうしようという気は出さない。やるべきではないというのが総司の米系汁である。日本人の税金を抜き捲っているのが米系汁、それを小間使いの如く、世界にばら撒いているのが国会議員、 どこから見て日本人がやっているようにしか見えない、バカな日本人はこれを非難すると極右と毛嫌いしている。何処までバカなんか。

 こんな事の繰り返しを遣っていると本当に日本は滅亡させられるぞ、周辺国は何時、攻め入るか機を窺っている、攻めて来ないと思っているのか、腐れば理性は無くなっている、だから1度、デカいのをやられてみろと言っているんだ、腐ってしまって目が覚めないんだから丁度良いのだ、地獄を見るのも人生のツアーで面白いかも知れんな、味合ってみろ。

コメント

非公開コメント